野鳥画廊

Birds Gallery

ヤマガラ他 7月撮影

f:id:sueno-suke:20210726093213j:plain

ヤマガラ

鳥がいない
あの頃の鳥も 今は いない

7月。前半は雨にやられ後半は暑さにやられながらも、カメラを持って自転車で山に走りに行ったけど、
とーりがいなーい
と歌うばかりだった。
若い人はわからないかもしれないけどわかる人だけわかってください、バードではなくザード。
まあいないってわけじゃないけど、なかなか鳥の姿が見られない。見えないものは撮れないのです。
そんな状況のなかモデルになってくれたヤマガラの若者たちよありがとう。
ヤマガラといえばとぼけた顔でおなじみですが、若い子はちょっとヤンチャな感じでカワイイね。

f:id:sueno-suke:20210726093358j:plain

f:id:sueno-suke:20210726093417j:plain

f:id:sueno-suke:20210726093430j:plain

f:id:sueno-suke:20210731154633j:plain

f:id:sueno-suke:20210731153614j:plain

ヤマガラのやんちゃ坊主もしくはおてんば娘

そのほかあまり出来の良くない写真も含めて7月に出会った鳥たち

続きを読む

ホオジロ 6月27日(2021)撮影

f:id:sueno-suke:20210627194319j:plain

どうせ今日は雨だろうとのんびりと朝を過ごしていたけど、外を見ると降ってないし、曇ってるけど明るいし、やがて日も差してきた。大丈夫なんじゃないか?と思って10㎞ほど山道を走ったところのいつもの場所へ行きました。

道の横の草むらから一羽の鳥が飛び出して近くの木の枝にとまった。目の上にぴょんと出た長い毛がかわいらしいお子様の鳥だ。ホオジロだろうか。
ずっとその場所から動かないようなので、お父さんかお母さんが来るかもと思い、少し離れた場所から観察することにしました。
しかしなかなかやってこない。
ときどき「チ、チ、」と鳴いてさみしそうだ。
おやつを食べてコーヒーを飲んで待っているとやっと来た。どうやらやはりホオジロのようです。

f:id:sueno-suke:20210627194429j:plain

f:id:sueno-suke:20210627194742j:plain

ホオジロ

しかしお母さんと思われるこの彼女は食べ物を与えるわけでもなく、しばらく「チ、チ、」「チ、チ、チ、」と鳴き交わしたあと飛び去って行った。
そこからが長かった。

やがて雨が降ってきた。ちびっこちゃんはまだずっとその場所にいます。
雨が強くなってきたので少し離れた木の下に自転車とともに移動しました。ちびっこちゃんもおそらく雨宿りのためだろうすぐ近くの木の枝にやってきた。
「チ、チ、」と鳴いている。「ママー」と呼んでいるように聞こえました。

f:id:sueno-suke:20210627194957j:plain

ホオジロ

すごく暗くてシャッタスピードがすごく遅かったけれど自転車を三脚代わりにして撮りました。

ちびっこちゃんはまた少し移動して、声は聞こえるけど葉に隠れて見えなくなった。
さらに雨が強くなり木の下にいてもしずくが結構落ちてくるようになって、もう撮影は諦めてカメラを片づけました。
しばらくしてついにお母さん(と思われる)が虫をくわえて飛んできた。そして二羽はどこかへ移動していきました。

ずいぶん放任主義だなあと思ったけれど、これがホオジロ流の子育てなのだろう。ちびっこだけど飛べないわけじゃないし、結局自分の身は自分で守らないと生き抜いてはいけないですからね。

さて、若干小降りにはなったもののやみそうにないので諦めて濡れて帰ることにしよう。
山を下りる坂道がいつもより長く感じられました。

f:id:sueno-suke:20210627195041j:plain

カケス 6月26日(2021)撮影

f:id:sueno-suke:20210626185851j:plain

カケス

ジェーっと言って飛び去る白い腰を見て、ああカケスか、いつかちゃんと姿を見たいものだ、と思っていたがついにその願いがかなった。しかし一枚だけ撮ったすぐ後にジェーと言って飛んで行ってしまった。

鳥を見るには厳しい季節になってきたと思うけど、キビタキサンコウチョウイカルも見ることができてなかなか楽しめた。

林道の脇の藪の中にお子様発見。

f:id:sueno-suke:20210627162247j:plain
f:id:sueno-suke:20210626200031j:plain

ホオジロかなあ?とこの日は思っていたけど、次の日にホオジロのお子様をじっくりと観察することになって、この子はホオジロとは違うように思えてきた。ほっぺの丸い模様がかわいいこの子はだれの子だろう?

サンコウチョウ 6月20日(2021)撮影

f:id:sueno-suke:20210620223801j:plain

サンコウチョウ

気合を入れて夜明け前に家を出て真っ暗闇の山道を走って来たけど、撮れたのはヒヨドリと、ホオジロと、コゲラの背中だけか…

気が付けばもう12時を回っている。

サンコウチョウとばったり出会わんかなー、と思いながら走っていたらパンクした。
タイヤを外してチューブを換えて、もう来た道を戻って帰ろうかと思ったけれど、まだあと一本チューブあるしまあ大丈夫だろうとダム湖沿いの道を上流に向かって走って行った。

そういえばこのあたりの対岸にカワセミがいたことがあったなあ、今日はどうだろう?と自転車を降りて見ていたら近くから「ホイホイホイ」と聞こえてきた。すぐにカメラを出してそっちを見ると今までに聞いたことがない「ギィギィギィ」という小さい声が聞こえた。

いた。

一瞬の撮影タイムの後、彼はひらひらと崖の上へと飛んで行った。

暗くてオートフォーカスが利かなくてマニュアルフォーカスで撮ったらピントが甘いけどまあいいだろう。
去年はかろうじてサンコウチョウとわかる程度のひどいピンボケだった。それに比べたら上出来だ。
来年はもうちょっとだけ上手に撮れるといいな。

自転車で野鳥の撮影をするときにカメラを持っていく方法について

f:id:sueno-suke:20210609202446j:plain

「自転車で走っているときに出会った野鳥を撮影したい」と思った場合、
どんなカメラを持っていくか?
そしてそれをどうやって持っていくか?
ということが問題になると思います。

私がカメラを入れるために自転車に付けたフロントバッグについてお話ししたいと思います。興味のある方はご覧になってください。

続きを読む